カレーたまごの日記

小説やノベル、文芸について書きます。

パエージャを食べながら、時勢を思う。

f:id:coolmactatuki:20190519205406j:plain

パエージャ!パエリアではない。スパニッシュの語感。祝宴祝祭の大トリだ。

 

情熱のパエージャに肖って!

 

f:id:coolmactatuki:20190519201310j:plain

 

しかしかえすがえすも矜持って埃否、誇りとかいうけれど。圧倒的努力だか死以外はかすり傷だかの大仰で野暮、汗臭い。全ては胸算用、全ては商売の売上に換算されるだけなら。「儲けるが勝ち」の売らんかな商人の矜持ってお金だけなのか。

 

f:id:coolmactatuki:20190519205406j:plain



 

勝丸キャスターも大好きなカープ

f:id:coolmactatuki:20190518113727j:plain

勝丸キャスター。この笑顔この靨(えくぼ)。NHK広島のお天気キャスターだ。地元に帰省すると夕刻のお馴染みの顔だね。

 公共放送のNHKもますますメディアの矜持がない。忖度を通り越して身も心も捧ぐ殉教精神とでも言うような。

 地方ローカルの矜持は失わないで欲しい。特に広島と言えば、反核とか。広島カープとかね。

 あまりプロ野球に関心が無かったが、東京ドームの「広島対巨人戦」のチケットを入手した。いよいよ頂上決戦。巨人を直接対決で下すべく。

f:id:coolmactatuki:20190518122937j:plain

 

 

 

鞆の浦の鯛網。

f:id:coolmactatuki:20190517234548j:plain

 鯛網。五月の鞆の浦森下仁丹の創業者が創案したらしい。平賀源内の如く、鰻の販促のように、廃れた鞆の浦を振興したい。仁丹は福澤諭吉に肖った森下の総合的な広告戦略が効を奏す。莫大な利潤。莫大な剰余価値。やはり何時の世もマーケティングが最重要だ。

 鞆の浦には漁港がないので、鯛網船上で穫れた鯛の即売がある。

 でも船に乗らなくてもいい。沿岸の会席料理店でおいしい鯛を食す。味わい深い。鞆の海が育んだ味の当体だ。

f:id:coolmactatuki:20190517234908j:plain


 

鱧のシーズン到来!

f:id:coolmactatuki:20190516204149j:plain

 鱧のシーズン到来だ。いよいよ鱧はも。鴨かもではなくて。

 

 大量の鱧は鍋がいい。薬味も大量だよ。

f:id:coolmactatuki:20190516204301j:plain

 今朝の毎日新聞に「出版中止」って。全然知らなかった作家だったけど、気になる小説を書いていた。さっそく読もうと思う。全くなぁ僥倖だな。

 

 島原の海からやって来た鱧ちゃん。この色艶のエロティックなこと。熟成が流行るけど、鮮魚なんだから新鮮が何より大切だ。

f:id:coolmactatuki:20190516204415j:plain

 

烏賊墨バーガーを食べながら。墨を吐く連中を思う。

f:id:coolmactatuki:20190515223959j:plain

烏賊墨コロッケのハンバーガー。熱々の烏賊墨が溢れる。火傷しそうになった。糞熱い墨を吐く烏賊か。

大昔、鞆の浦仙酔島で釣りをした。烏賊ならぬ蛸を釣ったら墨を吐いた。

昔の話が面白い。

twitter.com

 花村萬月の小説は読んだ事は無いけど、作家志望に厳しい話を読んだ記憶がある。

それと、村上龍角川春樹見城徹の鼎談で龍が「どうして俺の小説を読んでないのに凄いとか言うんですか?」って言った。

f:id:coolmactatuki:20190515224129j:plain

 

カレントトピックなランダム。

 

 戦争は悪だ。自衛なら正当防衛で無罪かも知れない。しかし手段も目的も戦争は反対だ。今となっては空想的夢想的幻想論の非武装中立の無抵抗主義も侵略されてからでは後の祭りだ。

 今後政治日程において改憲機運を昂揚させる為に様々な布石が打たれる。膨大な情報が流される。戦争とかの本質を無視した利潤や思想の奴隷によってイメージだけが先行する。

 俳優佐藤浩市排撃の機運が高まるけど、かわぐちかいじ氏原作の映画も見たい。どんな映画なのかな。自衛隊映画としては近未来どころか間近に迫った臨場感や迫力もありそうだけど。軍事ミリタリーもオタク要素がある。システムや細部を愛でると木を見て森を見ない狭隘な視点視座にやられる。厳密主義の陥穽だ。一点突破全面展開の曲学だ。

 ところで実際の有事って。尖閣列島北方領土。領土問題の解決は話し合いでは多分解決出来ない。ならば武力でか。それは現行憲法が永遠に禁止する。国会議員が侵すとなれば。そんな不届き千万な国会議員の資格は剥奪だ。しかし援護の世論があるならば。5.15事件後の沸き上る恩赦請願が実に2.26事件へ向かった。

 でもふと思う、敗戦後の日本に米軍駐留が無かったなら、旧ソ連や中国から国土が守れたかどうか。共産主義国が第二次大戦後に領土拡張を行った歴史事実がある。日米安保が無かったら平和も無かった。侵略はできなかったが、侵略され放題だったかもしれない。米国の間接統治は現在にいたる。真の独立国ならば、外国軍が国内に存在してはいけない。

 我らが安倍総理TOKIOが会食したそうな。吉本新喜劇に出演した我らが安倍総理だけど次は誰と会食したり同じ舞台に立ったりするのか楽しみだ。全部は悲願の憲法改定の機運を高めるためだろうが。目先の利益に群がる商売人や売文業芸能業の輩が徒党を組む。

 でも憲法が変わってもすぐには国自体変わらないかもしれない。だめならまた変えるしか無いが。

イタリアンレストランで時を愛でる。

f:id:coolmactatuki:20190512203909j:plain

幻のブッラータチーズ。ローストされたトマトと飴色に燃え立つオニオンのステージ。

激しく旨味が甲走る。塩って発酵系の立役者。もしくは酸味も際立つ。

 

アスパラソバージュというお野菜。山菜系の茎を破って粘着の旨味がドロパシュウ〜。

別段アスパラではなくて外見形状が似ているくらいのネーミングらしい。お初の触感だった。味なたびだね。

f:id:coolmactatuki:20190512204127j:plain

 

ご褒美のラーメンを喰らう。

f:id:coolmactatuki:20190510200131j:plain

                                        ピリ辛ネギラーメン

                               

糖質制限も完全にやれば三日で原状回復する。十連休明け70.4kg→今朝67.5kg。

 

ご褒美に中華店でラーメン。至福のラーメン。至上の愛を捧ぐ。エーゲ海でもコルトレーンのJAZZでもないが。

 

すべからく「第七感界」をランダムアクセス。否彷徨している。

 

                                            塩ラーメン

f:id:coolmactatuki:20190510200558j:plain

 

人生はゆめのまたゆめ

f:id:coolmactatuki:20190509222952j:plain

ビールの季節が到来。泡、バブル。誠に束の間の恋の如く儚くも切ない。

 

つゆと落ち

つゆと消えにしわが身かな

なにわのことは

ゆめのまたゆめ

 

秀吉の辞世の句だけど、

 

三島由紀夫が生前、フジテレビの社員に所望されて色紙を書いた。

 

人生はゆめのまたゆめ

 

三島由紀夫は「憲法改正のために自決した」というけど。

これから憲法改正国民投票の政治的プログラムが稼働する。改憲サイドの連中がさまざま言説を無尽蔵の資金を使って大々的に流布するのだけど、かの三島由紀夫の目指した憲法改正自民党憲法草案とは違う。自衛隊に蹶起を促し無視されて自決したとはいっても。慎太郎氏も岸系列も三島は「蛇蝎のごとく」嫌った。

だけど、三島を彼らは利用したがる。なぜか。自決したからだろう。

「売れる本がいい本だ」という人物がどうして、三島の目指した理想を理解出来るのか。商売人を蛇蝎の如く嫌っていた三島だ。

 

人生はゆめのまたゆめ

 

政治も文学も言説の時空は夢そのものだ。

 

このビールの泡もゆめのまたゆめだ。

f:id:coolmactatuki:20190509224806j:plain



 

 

あぁ追憶のパンケーキ。

f:id:coolmactatuki:20190507174518j:plain

星乃珈琲の名物スフレパンケーキ。メイプルたっぷり。スイーツマニア垂涎の逸品。

あぁ禁断の甘み。

十連休は大いに食べて飲んだ。糖質も気にせず関係なく。因みに外食で糖質制限とか気にしていたらなーんもでけへん。せっかくの大連休だもの。

しかし休みも終って令和の新時代が始まった。体重もかなりオーバーした。よってこのパンケーキの追憶を思い出しながら自重堪忍する。でも隙あらば。

f:id:coolmactatuki:20190507174518j:plain