カレーたまごの日記

小説やノベル、文芸について書きます。

最高級の生ハムを食べよう!

f:id:coolmactatuki:20190921215540j:plain

 全てがハモンイベリコの生ハム原木だ。別に自宅にこんな場所をとる食材を用意する必要もない。周期性を帯びたデパート巡りのささやかな楽しみにとっておけばいい。デパ地下。ここは新宿伊勢丹の地下だ。ハムの日進のイートインで味わった。

 

 やはり削りたてを喰らうべし。今まさに生ハム職人が切り落とす。その刹那を愛おしむ。

f:id:coolmactatuki:20190921220106j:plain

 

 左端がベジョータの48ヶ月熟成、最高級の生ハムだ。バランスがよくていつまでも噛み続けていたい。いつまでもいつまでも。

f:id:coolmactatuki:20190921220250j:plain

 

 値段もはんぱない。しかし一口の圧倒に打ちのめされる。食べ放題の時勢だけど、一口二口で事足れり。最高級のハモンイベリコベジョータをご賞味あれ。

f:id:coolmactatuki:20190921220453j:plain

 

新宿伊勢丹の地下は素晴らしいイートイン!

f:id:coolmactatuki:20190921220718j:plain

 

純米酒を飲もう!しかも無濾過生源酒なら尚よい。

f:id:coolmactatuki:20190920231540j:plain

 酒は純米酒。無濾過生原酒なら尚よい。騒がしかった日本酒ブームは終ったけど、日本酒は国際的にも唯一日本の独自な飲食文化を担う。静かなるブームは続く。ワインやウイスキーより断然コスパもいい。

 

 この凱陣が一番、好きだ。大吟醸でも純吟でもなくて、純米酒がいい。精米歩合が低いほど高価だけど、さて。

 加水したのってやはり味気ない。薄いのってやっぱり嫌いだ。夏酒も冷やおろしもあまり好きになれない。

f:id:coolmactatuki:20190920232020j:plain

 

 

あぁ松茸の土瓶蒸し。

f:id:coolmactatuki:20190919222019j:plain

まさに、松茸のシーズン到来だ。土瓶蒸し。酢橘が潔いじゃない。

 

f:id:coolmactatuki:20190919222148j:plain

 正真正銘の国産松茸だ。しかも鱧天が入ってる。鶏の笹身もよいけど、夏の名残の残像を偲ばせる鱧な計らい、あぁ料理人の極意。さぁ頬張れ。さぁ垂涎の宴だ。

 

 出汁の最高品質を味わう。旬の瞬間が封印された時間と空間の交錯する祭を体感する。マツリゴトは乱れまくってそのうち天罰が下るかも。怖い怖い。

f:id:coolmactatuki:20190919222405j:plain

 

 千年万年の時を経て。しかし旨味の極意のその先も定かではない。不確定性の不確かさ。しかし味覚をベースに人間は生き甲斐を感じる。第六感のベースたる第七官界へ。

f:id:coolmactatuki:20190919222652j:plain

 

おいしいハムでも摘みながら。

f:id:coolmactatuki:20190918180347j:plain

 まぁハモンセラーノを摘みながら。自己存在の祭を楽しもう。

 

 最近、ますますあの隣国との対立が深まって行くような扇情チックな報道が多い。どうして隣国の法務大臣のスキャンダルが優先されるのかな。タマネギだか知らんが。でも進次郎氏ってやっぱりあれなのか。大阪の市長がエールを送る。俺の大阪湾に放出してもいいよ。ほんまでっか?せやからゆーてるやろ。安全確認でけへんならあかん。

 内憂外患なのかな。友好な関係をどうして知恵を絞って考え行動しないのか。外交って何だろう。大国の自国優先主義の弊害は行くとこまで行くのか。

 

f:id:coolmactatuki:20190918180842j:plain

 

牛ステーキを噛み締めながら。

f:id:coolmactatuki:20190917215741j:plain

 牛もも肉のステーキ。胡椒が効く。ジューシーと堅牢な味わい。赤身と脂質。肉を喰らう醍醐味は人間の肉に向わしめるインパクトだと思う。多分、食する行為それ自体に捕食の狩人ハンティングの獣性が具備されている。だから一方的暴力の発現となってグロテスクなまでの露見が提示される。

 

 「放射能汚水を大阪湾に放出してもいい」と大阪市長が発言したとかの報道があった。

 「科学的に安全が保証されていれば」とかいう厳密さの不毛。安全性は検証出来ない。全ては政治的な行政サイド有利の判断がまかり通って来た。水俣然りこれまでの原子力行政しかり。実際に大阪湾に「安全確認された」放射能汚水を放出したら、事実安全であっても風評被害に遭う。ならば福島周辺海域はどうなのか。まんま「有害確定の」放射汚水が放出されて来たわけで。太平洋へどんどん。世界の海流潮流となって。今更。大阪湾は淡路島経由で瀬戸内海や鳴門そして太平洋へと繋がっている。大阪市長の発言はそりゃ周辺を巻き込む。そして実効性はほぼどころかゼロなのだが、波紋は広がるだろう。でも真に受けていい話なのかもあれだけど。「完全に科学的に安全が確認出来れば」ときちんと前提を提示しているわけで。

 

 噛み締め噛み砕くほどに味わい深い。牛もも肉の確かな噛み応えある肉質肉感の味わい。

f:id:coolmactatuki:20190917220756j:plain



 

製パンを喰らう。

f:id:coolmactatuki:20190917215110j:plain

製パン、バンザイ!一斤、800円税別。カット無し。誠の祝いだ。行列が凄まじかったのだけど。タイムロスを狙ってゲット。

 

もちもち。何もせず、生で味わった。そして厚切りジェイソンならず、厚切りトースト。これはもうただただ素晴らしい。まるでパンケーキの味わい。ってか原料的にこっちのパンの方がよいかもね。

f:id:coolmactatuki:20190917215325j:plain

 

ピーナッツの秋。

f:id:coolmactatuki:20190916213301j:plain

去年の今頃、食べた大きな落花生の塩茹で。千葉産だ。今回の台風15号で房総半島が甚大な被害が出た。大自然の猛威に人間は為す術がない。

 

今年も味わいたい絶品な味だ。

f:id:coolmactatuki:20190916213518j:plain

 

神輿が通過。パエージャを食べよう。

f:id:coolmactatuki:20190915212907j:plain

祭の神輿がお店の前を通過中。自分の田舎の祭は赤鬼と青鬼が神輿と一緒に練り歩く。東京のお祭はいないね、鬼さん。何処にもいない。何故。

 

外の喧噪と相まって一気に祝祭の宴はこのパエージャで熱々になる。食の祭儀。

f:id:coolmactatuki:20190915213204j:plain

 

 

今更のレリゴー。

f:id:coolmactatuki:20190914074855p:plain

言わずと知れた『アンと雪の女王』劇中の歌のシーン。レリゴーレリゴー。雪山を登りながら風に吹かれ、原語では嵐だが、「ありのままでいい」の語釈は「なすがまま」のレットイットビーとの関連がありそうだけど。決然とした威風堂々の山登りシーンと凄くマッチしていて印象深い。それで松たか子のバージョンを観た。日本語と英語の違いってこんなにあったのかと落涙止まらず。シーンがマッチングー。音響と映像。素晴らしい。宮崎駿監督が音楽家久石譲氏の曲を採用したいきさつにも似ていて音が映像の具現性を高感度にする。しかも日本語の意味内容の付加によって、しかも松たか子の声質の素晴らしさ。清純な潔い力強さ。

この雪のモニュメントは何なんだろうか。心の中のマスコットだったのか。衣装まで変わってアイスのキャッスルまで創った。グぅワーと両手を救い上げるシーンが感極まるよね。

 

 

剛力叶わず、全然いらんわ。

f:id:coolmactatuki:20190913205122j:plain

 カウンター席にはその店の固有で独特で特色豊かな否頑固で分別ない文化がある。しかしながら文化とは何か。生き方というセツもあるが。同時代の人間達の無意識からの溢れ出す集合体のような魑魅魍魎なる何か。今日の報道では1964生まれの参議院議員橋本聖子氏が東京オリンピック(前回開催1964年)で旭日旗を拒む理由がないと言った。オリンピック大臣って何を遂行する職務なのだろうか。韓国に言わせれば、広島原爆のB29が飛行機ショーしても大丈夫か?くらいの文化的文脈もありそうだが。しるか?そもそもオリンピックって何だろう。経済効果?総理大臣や東京都知事のおべんちゃらの政治パフォーマンス(北京五輪の折り、福田総理は『精々頑張って下さい』精々って?ならばゲリピーの我らが安倍総理はどう選手達を励ますのか?しるか!

 新大臣の聖子氏、官僚答弁なのか官房長官のおうむ返しなのか、それともあれかよ。こんな全くもって国内問題に収斂執着の頑迷固執していたのでは世界一のスポーツの祭典たるオリンピックの本義に反する。オリンピック選手だったお人がどーなのって。

 ミュンヘンオリンピックヒトラーが国威掲揚に活用した。世紀の祭典、記録映画も凄い。しかし残念ながら今の日本は国威掲揚どころか売国宣揚でしかないのなら残念至極だ。いや真夏の猛暑のオリンピックだもの。ゲリラ豪雨も巨大台風も関係ないね。

 

 しかしカウンター常連のあの...。騒音と傲然。でも事実を歪曲どころか。

 隠蔽そして大災害が起きてもいっかな知らんぷり。あぁ組閣。どうやら終わりの始まりだね。さようなら愚かな争い。闘争主義の陥穽。支配する手法は古今東西変化無し。民衆や大衆を憎しみ合わせれば一丁上がり。憎悪こそが支配のキーワードさ。

 あぁカリスマ経営者の顛末。ZOZO前澤氏。結局、社長解任なんだよ。損しない社長の孫氏。漁父の利なのかそれとも...。あぁ剛力叶わず、全然いらんわ。

f:id:coolmactatuki:20190913210126j:plain

 

静寂のカフェ。

f:id:coolmactatuki:20190913074012j:plain

 本をブックカフェで読む。静寂という読書の公共性が前提の画期的なカフェだ。本との饒舌なまでの語らい。自己の内部に内在する知的なものへのダイレクトなアクセス。知的快楽を楽しめ。読書と思索の大切さ。でも何の為に。どんなことの為に。否、快楽にまで到達する行為実践は完結した円環がある。だから素敵だ。知的空間には素晴らしい時間が流れる。

f:id:coolmactatuki:20190913082441j:plain

 

パクチーを食べながら四方山。

f:id:coolmactatuki:20190912220757j:plain

 パクチーのサラダ。かなり癖のある香味なパクチーだ。語呂は似てても大いに相反する紛らわしき形容隠蔽のIR法案つまるところの博打。製紙会社の社長がバカラにはまって会社の金を使い込んでの特別背任で実刑塀の中の懲りない面面どころか娑婆に出ても全く懲りないのか、実際の賭博体験者としてインタビューに応えた。両論表記のお膳立て。いいも悪いもどっちもどっちの論法の面白さ。やはり経験者こそ当事者であり関係者だ。パチンコを放置してIRがおかしいとは如何?

 

 安倍政権が発足。人選に難ありだ。麻生さんまだやるしな。防衛大臣も意表をつく。進次郎氏もやるならケイサン大臣がよかったね。原発不要ならね。

 台風15号の惨事のただ中。この政府は初動がいつも遅い。宴会の次は組閣って。でも組閣人事は政治権力の一番の醍醐味だけど。もう韓国とかのあれではなくこの国内の大事な問題に取り組んでもらいたい。また人選問題であーでもないこーでもないとなる。野党も任命責任とかの挙げ足をやるのだろうが。

 

 パルメザンチーズが降り掛かるシーザーサラダだ。

f:id:coolmactatuki:20190912221920j:plain

 

ラーメン食べに行くかな。

f:id:coolmactatuki:20190910174248j:plain

 そろそろこのラーメンが食べたくなって来た。まだぶり返しの猛暑の夏日が続きそうだけど。学生らが出て来ない今のうちに行っておきたい。

 塩分と脂質、そして出汁なる旨味。ラーメンこそが最強の病み付き食品だ。和食は出汁が決め手という。世界平和もこの出汁が決するかも知れない。

 

 安倍内閣の組閣が明らかになってきた。様々不祥事のあった人物が起用登用されている。悪縁というか負の求心力というか。どんな仕事をするのか。やっぱり忖度官僚制なのか。河野外相は防衛大臣になるらしい。まさか韓国に対して...。今度の外務大臣もあれだけ米国に追随的な貿易交渉を行った人物だけど。まさかもっと踏み込んだ外交成果を挙げるのかな。自衛隊の海外派兵も辞さないとかの。あのキナ臭い海峡へ我が自衛隊を.. 。もっともっと凄まじい忖度の極みの外交をやらかすかも知れない。

 

f:id:coolmactatuki:20190910175725j:plain

 

 

台風一過の中華をば。

f:id:coolmactatuki:20190909220924j:plain

 台風15号が強烈だった。未明の強風。睡眠不足も祟る。しかもテレビのアンテナに不具合発生。千葉埼玉神奈川、都内でも朝から交通機関が計画運行とかで惨事。フランツ.カフカ『変身』の主人公ザムザがいきなり朝目覚めると奇怪な生き物になる、それでも会社に行こうと右往左往するあの無惨な規則性の自縄自縛な理不尽の朝みたい。それならば台風休日というか、あれほど気象庁が「命に関わる」とかの重大報告を行っていたのであるから、その警告に従って、一斉休暇にすればいいのだが。

 

 さて台風一過お決まりの異常高温で都内の気温も37℃だ!

 飲まずにおれるか。この中華焼きそばを食べずにおれるか。

f:id:coolmactatuki:20190909221633j:plain