カレーたまごの日記

小説やノベル、文芸について書きます。

ラミティエ@高田馬場へ行く。

 

まだ午後6時前。

さて待望のラミティエのディナーだ。昔の風景はなくなってアットホームなしかも前菜二品ではなくいろいろオーダーできちゃう。

 

いきなり梅雨明け連日の猛暑日なので冷製スープをば。じゃがいもとアスパラ。

冷気あって美味しい。無心に食すわけだね。

 

そしてブーダンノワールのブリット(春巻き)。あのぶたくんの血液どろりのイメージはない。絶品さ。

シナモンの風味が霊気を誘う。

 

さすがラミティエの盛りは他店の追随をゆるさない。圧巻ね。この目の滲みるグリーンね。

マグロもいまでは危険な贖罪いな食材らしいけど関係ないじゃん。このおいしさこのボリュームを堪能あれ。

 

メインはもちろんステーキ。今夜はハラミだ。ヒレ超えてるよ。

ポテトのてんこ盛りがやはり当店らしい。ソルティーな旨味ひきだしの役割ね。

 

サラダが本当においしい。ルッコラの輝きときたら。

最近ではおいしいお野菜がほんと食べたくてしょうがなく。充たされる味わいね。

 

これがラストのショコラだそうで。夏のこのじき敢えての柔らかさ。温度加減の絶妙なとろけぐわいの拍車がかかる。そういえば新宿の小笠原伯爵邸のスペイン料理店、閉店だそう。都の管理する館だったのね。賃貸契約更新しないって、新たな募集中とか。

チョコ最高!

 

BIG BOX周辺ね。

また来るぜ。

早稲田の村上春樹ライブラリーへ行く。

f:id:coolmactatuki:20211202150356j:plain

一月ほど前に予約した。そして来館する。大学構内の中の記念館のようなライブラリー。あくまでも大学の施設である点で楽しい。まだ現役ばりばりの小説家でありつつこんな空間が創成される。大学と作家。偉大な文学者が母校に栄光を注ぐ。大学をテーマに様々な小説が書ける。だいたい知性は大学時代の年代で花開かせるわけだ。

早稲田大学がもしもっと名声が欲しいなら布石を打たねばならない。本格的な理系は小保方さん以来出て来ず。文学文芸でもしあの世界的なアワードが獲得できたなら日本人を脱却して世界文学の記念碑をうつべく。

文学と建築。構築と散文。空間と時間。この階段は歩きにくかった。上がる私を避けようと下るご婦人が蹌踉めいた。危ない危ない。

 

思ったより全然、村上春樹の著作を読んでなかったな。さて何を読もうか。

f:id:coolmactatuki:20211202150719j:plain

本棚に並ぶ書籍を自由に手にとってこの素晴らしいテーブルに向かって閲覧読書できる。

f:id:coolmactatuki:20211202150821j:plain

読みかけの村上春樹の小説、例えば『風の歌を聴け』をさっと取り出して一気に読了する感じかな。それとも長めのドフトエフスキーを意識したカラマーゾフレベルの長編小説なんかいいよね。『1Q84』とか『騎士団長殺し』もいいね。

 

ここから入るとスムーズだね。

f:id:coolmactatuki:20211202150956j:plain

 

伝説のサテンだね。こんど行ってみるかな。早苗って早稲田を意識したのかな。

f:id:coolmactatuki:20211202151326j:plain

 

駅に行く前にいつもの場所へ。メルシーね。学校ができつつあるね。凄い。

f:id:coolmactatuki:20211202151414j:plain

 

なんとなく味がかわったか。麺が柔らかいね。スープも若干薄く感じる。経年変化に難あり?

f:id:coolmactatuki:20211202151541j:plain

また来よう。

f:id:coolmactatuki:20211202151653j:plain

 

 

 

歌舞伎町へ。老舗のモダン焼きを食らう!

f:id:coolmactatuki:20211109131115j:plain

2021.11.7の日曜の新宿通りはホコ天だった。

 

のんびりできたばっかりのIKEAを全館冷やかして激安商品の数々に圧倒された。組み立てはセルフらしいのであれだけど北欧のプライスは素晴らしいね。

f:id:coolmactatuki:20211109131356j:plain

 

新宿の有名スポットはこの歌舞伎町だ。センターではないけどこの門は素敵だ。

f:id:coolmactatuki:20211109131526j:plain

 

広島県出身だが県東部で広島お好み焼きとは違って関西風だった。さぁ大阪のコテコテのぉ〜

f:id:coolmactatuki:20211109131655j:plain

クラフトビールがいいよね。

f:id:coolmactatuki:20211109131817j:plain

 

さすが創業40年の貫禄だね。このモダン焼き。がっしり厚みもばっちり。

f:id:coolmactatuki:20211109131900j:plain

満腹だ。

 

感染者も激減して遂には平常の生活にもどればいいよね。また来よう。

f:id:coolmactatuki:20211109132039j:plain

 

臥薪嘗胆、サザエの肝和えを喰え。

f:id:coolmactatuki:20210815112213j:plain

このこぶりな殻ながら身は驚くほどに美の味なる当体である。千葉の海からこの奇跡は誕生した。美味しさの秘密はまず素材にある、そして調理そのもの手法そのもの。

栄螺さざえサザエさん。濃厚なキモが肝要ながら臥薪嘗胆の胆と肝。無知ながら謝罪した有名ネット配信者の稼ぎまくる儲けの漢字分解。信+者=儲 る。物神の明快な数論だ。メンタルを鍛えなおそう。そのために美味なる。華麗なBANを阻止すべく。しかし各種団体が絡みつく。表現者も間違える。そりゃニンゲンダモノ。その痛恨の瑕疵に痛快なる追撃が湧き上がる、喝采の炎上。理念と利害。理想と利得。

貝とは閉塞閉鎖のことわり以上に無限の沈黙に価値をおく。わたしは貝になりたい。その太古、貨幣として活躍した夢のまた夢。

 

ジョブズも愛したまぐろのトロ、そして金目鯛をば。

f:id:coolmactatuki:20210815113316j:plain

 

宴あとの銀座

f:id:coolmactatuki:20210703074306j:plain

イタリアン大御所落合氏のお店、その宴のあと。雨の銀座、金曜の夜。ぶらぶらり。

 

感染防止の凄まじき衝立。時間制限の不甲斐なさ。全てはコロナのせいなのだけど。外食文化がこれほどターゲットにされる「科学的証拠」はあるのかな。統計データの精査もあれだけど。

 

f:id:coolmactatuki:20210703074655j:plain

 

雨は霧雨から本降りの嫌な予感。この時期ならではの。しかしながら寒い。こんな寒い7月初旬ってあったかしら。

 

f:id:coolmactatuki:20210703074840j:plain

 

歌舞伎座..。銀座の東のこのあたり。

 

f:id:coolmactatuki:20210703082608j:plain

 

コロナの雨後の月は見えない。

 

f:id:coolmactatuki:20210703082705j:plain

 

クラブも雨のあと.....

 

さようなら。

f:id:coolmactatuki:20210703082855j:plain

 

選挙が始まる。

f:id:coolmactatuki:20210625164018j:plain

東京都議会議員選挙の告示ね。そういえば以前、都知事選挙があったのね。コロちゃんはまだ出現せず誰もが東京オリンピックを盛大にやって東京バンザイって思っていたあのコロだったのに。コロちゃんのせいで大混乱。もう延期できない崖っぷち。

 

f:id:coolmactatuki:20210625164529j:plain

 

立花隆氏、逝去。

f:id:coolmactatuki:20210623171415j:plain

 エルゴヒューマンの椅子を買った。十万ちょいのお手頃な価格。ネットでの評判がよいのでアーロンもオカムラもやめてこのフットレスありのタイプを買った。せっかくだからアーム台も追加した。ネックの角度がちょい不満だけどメッシュの肌触りがこれからのシーズンに威力を発揮するだろう。

 

 評論家の立花隆氏が逝去された。哀悼を表したい。テレビでは筑紫哲也の番組によく出演していた。最近は出ていなかった。文藝春秋以外にも様々な媒体に文章を書いた。オススメは『天皇と東大』だ。あと自分史の書き方を綴った書籍もよかった。「宇宙からの帰還」や「臨死」とかサイエンスをわかりやすく書いた。あの膨大な書籍はどうなるんだろうか、と思ったりもしたが。

 

f:id:coolmactatuki:20210623172650j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嵐だって呼べるかも。

f:id:coolmactatuki:20210614164913j:plain

カウンターをこよなく愛さなくてもいい。世界の片隅でのんちゃんが叫んでもいいのだけど。L字の端のその向こうから。

嵐と読める。その壁の。

いつの日だったかはるか昔の記憶を呼び覚ます。

f:id:coolmactatuki:20210614170627j:plain



 

宴のあとのあと

f:id:coolmactatuki:20210613100352j:plain

 

来年の今頃はどうなっているのかな。しばらく東京オリンピックの狂騒が続いたわけだけど、他の地方ではそれほど五輪に期待してないかもね。総理大臣また変わってるかな。誰だろう。

 

f:id:coolmactatuki:20210613102127j:plain

 

 

 

ストライクなラーメンを食べよう!

f:id:coolmactatuki:20210612174207j:plain

ラーメンが大好きなわけで。女子がパスタに目がないように、男子はラーメンに目がないはずだ。特性ラーメン大、1300円。大盛りは二人前分の麺量である。今回はメンマをお願いした。会員特典である。ワンタン二種類がいいね。生姜とあおさい。チャーシューが分厚い。醤油味のド直球さ。

今都内では多くの飲食店が時短とノンアルで苦しむ中、ラーメン店はどうなんだろう。やっぱり大変なんだろうな。時短もなく通常時間の営業でアルコールもそんなに大事でもなくてあえて言えば外道?その昔、尾道で中華そばを食べた。朱華園という名店だ。今は閉店した。その日雨が降る中数十人の行列の最後尾に並んだ。殺気立つ行列のひちたち。それなのに店内でビールを飲んでくつろぐ客がいた。別にいいけどさ。尾道で思い出すのはここの選挙区で衆議院選挙に立候補した元IT社長だった男が餃子店先でマスク云々入店できずSNSでリベンジした事件ね。なぜ中華そばじゃなかったのかしら?ちと不思議だった。

東京でラーメンはストライクだ。そばでもうどんでもない。ラーメンこそが正解だ。

 

f:id:coolmactatuki:20210612175115j:plain

 

春樹氏の短編集を読む。

f:id:coolmactatuki:20210612171121j:plain

このところ不思議な天気が続く都内某所の愉しみときては。長期化する巣ごもりの最強営為は読書なわけで、図書館で予約しておいた我が最愛の作家村上春樹氏『一人称単数』が届き早速読了した。齢七十歳を越した超人気作家の長編小説とは異なって一筆書きの短編小説を集めた本作である。表題どおり私小説のようなあんばいで「僕」と私の異音同語が楽しい。翻訳家としても膨大な仕事量を誇る春樹氏ならではの英語とかの薀蓄も楽しめるのかとおもいきやの期待ハズレも楽しかった。謎と空白を巧みに操る作家の技巧はあるとしても。夢と幻の掛け合いも楽しい。
やはり長編小説作家として様々なアジャストメントが時間切れにならないあんばいで行われているようにも思える。テレビ関連の露出がいっさいない作家の今後はやはり興味深い。この時期、『風の歌を聴け』あたりから全部読み返してもいいころあいでもある。長引くコロナ時代の終わりなき旅を内的世界にさすらうのもかなりの興だと思う。

 

 

いつまでも気が済むまで延長も可なり。

f:id:coolmactatuki:20210509144842j:plain

ひさかたぶりのはてな日記。昨年同月同日。第一回目の緊急事態宣言下での首都圏の生活だったわけで。でもアルコールは飲めた。そして第三回目の今は禁酒事態となっている。延長の延長でそのままオリンピックまでそれとも都議会選挙までの政治日程をにらみながらの..。

感染力致死力も倍増の誠に恐ろしいウイルスが猛威を奮っているそうな。気を緩めるな。人流を制御せよ。都知事がそう宣言する。大阪の事態が東京でも起こりうる。そんなの前からわかっていたじゃん。いまさらどうのこうの云々かんぬん。でも哀しい。辛いよね。お店でお酒飲めないの。酒と料理のマリアージュその味のペアリングが最高なのにね。哀しい悲しい。

でもフシギダネ。免疫力とアルコール摂取。宴会だめ、選挙演説はオーケーなんでしょ。憲法をかえてロックダウンせよ?関係ないのかな。ロックダウンしても経済止めてでも。異常事態の非常時なんだよね。灯火管制を目指せ。つぎはどこを規制するのか。ぱたーなてぃずむ。専門家の医学。まじでオリンピック中止を目指すのかな。こいけさん。コロナ延長の延長いつまでも可なり?

f:id:coolmactatuki:20210509145549j:plain