カレーたまごの日記

小説やノベル、文芸について書きます。

磯崎憲一郎「日本蒙昧前史」と米国ドラマ「オザークへようこそ」を楽しむ。

 

 今、磯崎憲一郎「日本蒙昧前史」を快読中だ。悲観論でも楽観論でもないが作家って知識人っぽくふるまうのが実は苦手なのが多い。読書数千冊の又吉氏とかも家族で渡仏した女優の杏氏だって年間百冊以上の読書好きだけど、自他共に自分が知識人とか思いたくない筈だ。

 

 過去にも磯崎氏の快作「電車道」や「鳥獣戯画」を読んで思うのは書きながら考えて自分の書いた行間に感興してさらに書きすすめる。

 

 村上春樹もプロットは書き終えてから自己編集や自己推敲の際に帳尻合わせをする決算書作成の経理部員の如き事前事後の宴である。保坂和志はプロットも何もなくただただ書いている間だけ小説はあってそれは読むだけでなく書いているときこそ小説最中である。だから読むために実は書かなかればならない。

 

 Netflixで米国ドラマ「オザークへようこそ」を視聴中だ。マネーロンダリングと麻薬カクテルそして捜査当局のFBI。主人公は会計士。その一家がオザークを訪れる。レイクレジャー。マネーロンダリングってそもそもが。組織の本質を調査するにはお金の流れを追うといい。

 欧米や韓国のドラマは文化の違いが如実だ。

はじめの方、まだカジノができてないころの画質は意図的に陰影礼賛で参った。暴力シーンはショッキング過ぎるしエロもグロもたくさんね。

 組織がからむお金ってホント怖い。お金の貪欲な組織がイカに残酷なのか。

 

 すぐハマってしまうのでお気をつけて。こちらも用心しながら視聴を続けたい。

www.youtube.com

人生いろいろ。

今日は曇天。外気は意外な涼。夏も終わるな。フジファブリックというバンドに「若者のすべて」という情感ある名曲にも夏の終りを意識する「最後の花火に今年もなったなぁ」という歌詞が切ない。

人は終わりを意識するとき終末カウントダウンに美を感じる。桜花爛漫の花びらや放物線を描く寸前に消え去る花火の残像。イベントでもなんでも人間行為の一貫性は終焉にて完結する円環を形成する。

 

今日はふらりと社会見学。百聞は一見に如かず。いろいろなリノべを楽しむ。まだまだ異世界を巡る旅は続く。

 

聞いた話では新車が発表になる度に販売会社へ行って買う予定もないのにのんびり試乗したりする趣味の人物がいた。株で失敗して気がつけば脳疾患。毎朝一番に出社してクラッシックをフルボリュームで聴くのが日課の真面目なサラリーマンである。ある日、会社のトイレの中で発見された。発作によって脳髄が炸裂した。

 

家と車、保険。人生の買い物はどれだけ楽しく時を過ごすかだ。

 

 

人生いろいろ。リノベもいろいろ楽しい。

 

鶏足の美味しさ。

 子供の頃、クリスマスの夜は廃鶏の肉付きもも肉どころか丸鶏の燻製を食した記憶がある。養鶏関連の父親が奮発したのかそれともケーキよりチキンが優勢だったのか。

 

 部位的には手羽先と手羽元が骨と一緒の肉になるのだけど。モモは普通に胸肉と同じで骨と接合する領域は多くない。

 

 だから希少なモモ。楽しいモモ。

 

 だから迷わず黒生でいい。

 

成城石井は素晴らしい。

成城石井でお買い物。帝国IPAとプリングスの米国産。

 

スーパーとかにあるプリングスはマレーシア産。こちらは箱も大きい。プリングスファンとしては本国のやつを食べてみたかった。がお味はマレーシアの方が味付けが濃くてあれだね。日本人仕様なのかしら?

 

帝国IPAは静岡のクラフトビール会社の逸品だ。初めて飲んだのが初台にあるfuzkueという読書カフェだ。その後、グリーングラスというお蕎麦屋さんで飲んだ。静岡産の酒にこだわるお店だった。苦味があってコクのあるビール。ラベルも好きなデザインだ。

 

他にも石垣ラー油やブルマンブレンド。ちょっと贅沢な品々。ブルマンは今やお目掛できない。カフェブームでいろいろお店が近隣にもできたけどブルーマウンテンはないなぁ。その昔、ドトールコーヒーに通っていた頃、本日のコーヒーをいつも飲んでいた。たまにブルマンの日があると凄く嬉しかった。こぶりなカップに金色のスプーン。なんかスペシャルな気分をいっそう駆り立てたっけ。

 

 

 

東灯@東中野へ行く。

2022.8.7日曜、東灯@東中野へ行く。

気になっていたお店。いつも満員の人気店ね。

百聞は一見に如かずなので伺った。

 

東中野銀座通りと早稲田通りのクロスする人間交差点?に位置してますね。

 

税抜580円の生ビール。おいしい。

 

これはマストね。うまいしボリュームある。スライサーでシュッシュ。

 

カリフラワーをふりっと。不思議な味わい。お野菜って感じがないんだね。チーズが味わい深い。これも素晴らしい。

 

生地がしっかり厚め。いわしがごろごろ。チーロとはまた違う味わい。テイクアウトがじゃんじゃん。人気あるね。

 

マッシュルームと大好きなルッコラ。チーズがいい感じ。粉々になる感じの儚い噛みごたえのマッシュだったね。

 

まだ明るい。サンデイの通し営業!

 

吹き抜けかっこいい。

 

 

岸由@東中野へ行く。

 2022.8.6土曜、会席料理の岸由@東中野へ行く。

 長岡花火も終わって甲子園が始まる。夏はまだまだ。

 

さぁ今宵の宴はどんな感じかな。

 

千葉勝山の栄螺さざえ。素晴らしい風貌ね。肝がきもい!さすが。


前菜は鮎の一夜干し、たこ、押し寿司。

 

湯葉と雲丹、和牛の湯煎がまろやか。渾然たる交響。

 

お椀は浜名湖のすっぽん、ごま豆腐。ゼラチンの旨味、白ネギと絡まって。

 

やりすぎのお造りね、トリ貝、まぐろ。しめ鯖、あおりいか..。

甘鯛の焼き。身がしっかり。

 

今宵もたくさん日本酒飲んだけど撮すの忘れちゃった。

王道の悦凱陣ね。

 

アワビとなす。しっかり冷えて夏の味。

お食事。はも雑炊!最高。

 五臓六腑に染み渡る。はも!

 

水菓子。キーウイ。メロン。巨峰。

 

ラ リベルラ ドーロ La Libellula D’oro@東中野へ行く。

 

 2022.8.5金曜ラリベルラドーロ@東中野へ行く。金曜の夕暮れ前。

 

抜群の見晴らしね。

 

シーザサラダ。温泉卵がたまりません。特製ベーコンも素晴らしい。

 

フレンチトースト。おつまみに最高。

 

ジェノベーゼのパスタ。夏のバジルですね。

 

真鯛のブイヤベース!

 

ジンジャーハイボール!バーボン。

 

真鯛のエキスがいい感じ。リゾット!

 

看板素敵。

 

おつまみのオリーブ!

 

 

BONGOUT@神楽坂へいく。

 

 2022.7.22金曜、フレンチ前菜のBONGOUTへ行く。また夏の熱気が蘇った感じの昨今これから。物騒な不穏な雰囲気が覆っていて気分も滅入りがちとかの。でも大丈夫。美味しい料理と美味しいワインを堪能できたらな。

一階はショップ。

二階にお店がある。この扉の向こうの階段を上がって。

 

アミューズ。とうもろこしの風味が農耕?濃厚。バターのかおりうまみ。そしてしっかりソルトが枠付ける。唸った。しかも小さな魔法のごまぱん?おかわりまでしてしまって。

 

この釜ってムール貝料理専用の!STAUB。「いいムール貝が入りました。どうでしょうか?」

フランスとかの小粒タイプではなくて東北の海で採れたすばらしき大粒ムールがたくさんあったのだが。撮影忘却残念至極。

 

前菜盛り合わせ。このボリュームでハーフという。鴨のベーコン。キッシュ。カテドカンパーニュ。ラタトゥーユ。キャロットラペ。謎の鮮魚カルパッチョ

 

前菜はおいしいサラダが主人公なんだね。この素晴らしき風景。特製ツナが滋味深し。

 

いわし。香草がこれまた香ばしい。

 

タルトフランベ!特製ベーコンと淡路玉ねぎ。ピザではないんです。冷めても美味しいです。

このサイズ、ハーフなんです。極薄だからこんな味わいなのかな。スペシャルです。美味しいどすぇ。

デザートがうまいのなんのって。アイスをチョイス。

 

神楽坂プリン!濃厚でビターだけどまろやか。青春の味かもな。

 

ポートワイン。この雫がひとひらりの雪、真夏の雪の夢幻。その儚い夢の味わう。

 

キャンティも凄い混んでる。赤城神社門前。そうね神楽坂って由縁の。

 

会席料理岸由@東中野へ行く。

 2022.7.20水曜、今日はうなぎの日だ。久方の岸由だ。激増中の不安要素を吹き飛ばそうと。会席料理を堪能しまくろうと。食こそが文化の一等コアな部分なんだと。今だからこその美食をばいただこうと。

 

 

うにとゆば。雲丹湯葉。あわせ技のおいしさね。

 

時節、夏酒だけど、この無濾過生原酒は能登半島の突端あたりで醸される。加水火入れの味わいで薄い酒より本格的な味わいを夏だからこそ。キンキンに冷やした器でもちろん本体も冷やしていただく。

 

前菜。久々のつぶ貝。たこ。生姜がうまい。こはだの押し寿司。

 

出雲の銘酒。いにしえ神々の場所に十字とな。28BYの凄まじき旨味!

 

ごま豆腐につぶ貝。お椀が最高なの。おいしい。出汁を味わう。

 

ニッカウイスキーの淵源。石川杜氏はもういないけど。名酒だね。

 

 

お造り。キハダマグロいいね。

 

にしん。鰊。お刺身でいただくのお初。すげーうまい。脂のりのり。

 

鱗まで焦がして。甘鯛のぐじぐじ。かま部位ですから。味の探検、旨味の冒険島です。

 

アワビと夏野菜のひえびえ。最高!

なんとお食事にうなぎくん。ぎょ!今日はうなぎの日だからこそ。

浜名湖の名産。備長炭の風味やさしく。熱く固く。ぱりぱりーの。

夏メロン。もも。ぶるーべりー。

水菓子。

 

ジョニ黒のハイボールで〆。

La Libellula D’oro@東中野へ行く。

 

2022.7.10日曜、La Libellula D’oro@東中野へ行く。投票して向かった。

 

生ハム盛り合わせ。

 

生ビールこのグラスでうまさ倍増!

 

バーニャカウダ。

 

やけどするほど高熱。気をつけながら。

 

真夏のポルチーニ。特製ベーコンと一緒。すごく美味しい。夏のポルちゃんいいね。きのこ類って出汁旨味の塊だからね。それを食べちゃうってことは。

 

カルボナーラ。こだわりの食材をつかう。

 

津軽の鴨。LLDはほんと肉がうまい。肉質そのものを味わうシンプルな添え。炭火最高!

 

ティラミスをいただく。イタリアンならこの定番やらないとね。うまい。

 

 

高太郎@渋谷へ行く。

2002.7.9土曜、高太郎@渋谷へ行く。

前日の総ジャーナリズム状況を生んだ大事件の余韻は濃厚。しかも明日は国政の投開票日だ。応援演説中に背後から銃撃された。犯人は40歳代の男だ。ご冥福を祈る。

渋谷は静寂に近い閑散気分が漂う。

ビル谷と言ってもいいほど駅前の開発は続く。

 

土曜の午後5時半過ぎ。

さて今宵の肴は何がいいかな。

 

いずみ橋のとても爽やかなきもとだ。とんぼの幼虫ヤゴが夏酒のラベルにいつもある。

 

大桃豆腐。あげと冷奴。池袋のユニークなお豆腐屋さんだ。いつも品切れ。湯葉は絶品。

 

高太郎の刺盛りは熟成させて旨味を引き出す手法。鯛もマグロもおいしい。そして大葉の陰で先達が泣いているわけではなく高太郎特製寿司酢のしゃりくんが鎮座する。

 

今宵の大治郎はうまかった。ついつい大五郎と間違えそうになる頃語呂だよ。

 

必ず注文する鴨クレソンサラダ。和食店ながら野菜がおいしいお店だからこそ。chicoryやMUSTARDがしかもフルーツとまとの酸味あって甘い味のゲラでーしょん!

 

今夜の竹雀もうまい。

 

グラタンもうまい。初めてトマトが入ったね。花山椒の緊迫のスパイスが効く。

 

やっぱりこの酒を頼んでしまう。最高!

 

玉蜀黍が葛海に浮かぶ。味の冒険島を目指せ。茶碗蒸しも高太郎ではマストね。

 

お燗でいただく。

 

玉蜀黍のアゲアゲ。二種類の豆らしい。違いはもちろんわかりませーん。旬なたべものって季節が濃縮されちゃうのね。だから夏の香りって韓国ドラマであってスンホンくんがかっこよかったけどいえじん嬢も可愛かったとか記憶想念喚起の作用もあるから記憶の合成が味覚そのものだと改めて思う。

 

メンチカツ。デザートはとっておきながら。ハーフがベストね。これくらいで完了。

 

茶豆が終わちゃた。ししゃもくんのお出まし。すこし痩せて枯山水テイストちょっぴり硬い。

 

ティラミス。映画「幸せのレシピ」のティラミス。人生を変える味わい。

「思い出しました。あの映画・・」

「『幸せのレシピ』です。あの映画のティラミスを思って作りました」

味わい深い。そして更に美味しくなる。

 

ラミティエ@高田馬場へ行く。

 

まだ午後6時前。

さて待望のラミティエのディナーだ。昔の風景はなくなってアットホームなしかも前菜二品ではなくいろいろオーダーできちゃう。

 

いきなり梅雨明け連日の猛暑日なので冷製スープをば。じゃがいもとアスパラ。

冷気あって美味しい。無心に食すわけだね。

 

そしてブーダンノワールのブリット(春巻き)。あのぶたくんの血液どろりのイメージはない。絶品さ。

シナモンの風味が霊気を誘う。

 

さすがラミティエの盛りは他店の追随をゆるさない。圧巻ね。この目の滲みるグリーンね。

マグロもいまでは危険な贖罪いな食材らしいけど関係ないじゃん。このおいしさこのボリュームを堪能あれ。

 

メインはもちろんステーキ。今夜はハラミだ。ヒレ超えてるよ。

ポテトのてんこ盛りがやはり当店らしい。ソルティーな旨味ひきだしの役割ね。

 

サラダが本当においしい。ルッコラの輝きときたら。

最近ではおいしいお野菜がほんと食べたくてしょうがなく。充たされる味わいね。

 

これがラストのショコラだそうで。夏のこのじき敢えての柔らかさ。温度加減の絶妙なとろけぐわいの拍車がかかる。そういえば新宿の小笠原伯爵邸のスペイン料理店、閉店だそう。都の管理する館だったのね。賃貸契約更新しないって、新たな募集中とか。

チョコ最高!

 

BIG BOX周辺ね。

また来るぜ。