カレーたまごの日記

小説やノベル、文芸について書きます。

烏賊墨カレーを食べながら。

f:id:coolmactatuki:20200531074843j:plain

烏賊墨カレー。墨っていいよね。黒々として太々しい。御飯も凄く合うよね。寿司もそうだけどカレーも御飯と一緒だからこの味わいなんだなとつくづく思う。柔らかい御飯が好きね。この烏賊墨カレーのぴろっと辛いのも御飯とコラボしているから味わい深い。

 

自粛解除のステップ1が終りそう。ステップ2.3そして...。

 

区から10万給付の申請用紙が届いた。

f:id:coolmactatuki:20200531075433j:plain

 

道玄坂を下りながら..。

f:id:coolmactatuki:20200524145017j:plain

道玄坂を下る。松濤で飲食して渋谷駅へ向う。下り坂。

 

かの人生訓に、「人生には三つの坂がある..」と。どんな三つのさかなのかな?

 

謎かけ謎解き。

 

上り坂、下り坂。

 

まさか..。

 

かの政治家曰く、「人生には三つの場がある」

 

修羅場、土壇場

 

そして..濡れ場..。

 

かの政治家は直後、スキャンダルに見舞われる。

 

週刊文春ではなく..フライデーだったが。

 

愛人とのあれであった。

 

自粛とうとうにも「辞職」と何回も打ち間違える最近である。

 

ふと目が行く。坂の途中である。

 

はて、109って。

 

東急とうきゅう「10 9」らしいけど。

 

f:id:coolmactatuki:20200524145832j:plain

 

下り終わりはあの交差点である。

 

大きなイベントがあると何故か集まる群集のスクランブルだ。自粛中だからこんな感じだ。渋谷駅前である。

f:id:coolmactatuki:20200524150431j:plain

 

忠犬ハチ公の像だ。

 

人生の極致は忠孝なのかな。主人をけなげに待ち続ける。待ちぼうけ..。人生、光陰矢の如し、受け身ではいけない。主人など待っていてはだめだ。撃って出るべし。

f:id:coolmactatuki:20200524150645j:plain

 

 

 

マスクいい感じ。

f:id:coolmactatuki:20200523121815j:plain

今話題のアベノマスク。そう言えば三本の矢で有名なアベノミックスをもじってアベノマスクと言い出したのかしら。効果覿面の安全よりも安心を優先する気分の先取り。

三枚欲しかったけど、二枚って。10万給付っていつなのかなぁ。申請用紙もまだだけど。オンラインはもっと混乱してるようだけど。まだこのマスクが届かないお宅も多いらしいけど。

 

毎日、夜着用しているのだけど、凄く材質いいですね。流石です。安倍のマスク。

f:id:coolmactatuki:20200523122208j:plain

 

昨年の今頃は..。パエージャで祝った。

f:id:coolmactatuki:20200516205911j:plain

パエージャ!

 

祝祭を祝え。

 

旅行と祭典。大切な二つのベクトルだ。今ほど、移動性と祝祭性が阻止され妨害される社会的状況もないほどだ。疫病を封じ込める。集団免疫もだめなら画期的ワクチンだというけれど。

 

検査態勢の確立がいまだに叫ばれる。しかし殺到すれば崩壊する。パンクだ。

 

都内の新規感染者が激減する。もう解除してもいいのではないか。いやいや全然油断出来ない。気のゆるみが爆発的感染になった。出歩くな店開くな。自警団がいるらしいがどこでどんな活動をしているのか?

 

f:id:coolmactatuki:20200516210842j:plain

 

緊急事態開始の朝。

f:id:coolmactatuki:20200503124943j:plain

 

2020.4.8の早朝。この日から東京は緊急事態状況へ入った。そして延期決定の決断が下される。今このだからこそ。憲法をかえろ?否、現行憲法の本義に還ろう。

 

この朝焼けの素敵なシルエットに鋭利なナイフが刻まれる。空と空の切れ目に世界の実相が鮮やかに溢れ出す。

 

時代は変わる。そして明日も朝がやって来る。

 

f:id:coolmactatuki:20200503125414j:plain

 

渋谷の夜。やはり閑散。

f:id:coolmactatuki:20200322164959j:plain

案の定、ごった返しの渋谷のサタデーナイトではなかった。主人を待つハチ公のモニュメント。いつもならぎっしり人で溢れる場所だけど。こんな閑散とした感じの渋谷がいつまで続くのか。漠然とした不安も漂う。

 

人生は別れが全てである筈もなく。井伏鱒二の名訳によって凄まじく逆説めいた言説が遺った。それこそ「花に嵐の例えも」あるかもしれない。価値ある人生を送った方がいいけど、だれがその価値を決めるかは自ずと自明だ。それは生きゆく自分だけだ。

 

出会いとその繰り返しの待ちぼうけ。人生は時間の中にしかない。生きている間のその時間の中だけ。当の本人の時間の中だけだ。回顧や追憶は生きている時間の中だけの話。

 

その先にスクランブル交差点が見える。外出禁止令も出せる政治的状況だ。もうすぐかも知れない。

f:id:coolmactatuki:20200322170155j:plain

 

 

ワニ死んで思うけど。

f:id:coolmactatuki:20200321133434j:plain

桜も咲いて、気温も20℃を越す日々がきた。寒さも彼岸まで。3.20も過ぎた。

 

まぁプロのクリエイターが毎日、100日も連続でツイートした4コマ漫画の余韻がある会社の企画だったからと作品それ自体までもその連載中の得難き時間の共有までも否定しかねない話になっていくのは違うと思う。別に電通案件だって気にすることはない。そもそも電通が企画しなかったならば日の目を見なかったかもしれんよね。

 

平成元年の初冬にブームとなった「一杯のかけ蕎麦」の顛末を思い出した。時は自民党政権朝日新聞の調査報道に端を発したリクルート事件によってバブル真っ最中の金権政治が最高潮にあった竹下登首相に対して追撃の国会質疑でほぼ全文朗読した議員も出た。そのとき金の延べ棒で辞めた金丸も泣いたとかの逸話もあるのだけど。その後日本のメディアのお得意の揚げ足取り、後だしジャンケンで作者の不祥事発覚でもってブームは去った。そのブームの過程で電通はこの作品の映画化を仕掛けた。

 

後になってこのお涙頂戴のお話を読んだ。涙腺破壊のいい話だった。この感動は今でも鮮烈だね。文芸作品ですよ。これぞ。

 

だから中身そのテクストの快楽をまずは味わってみる。ワニだってそうだよね。みんなワニを自分に置き換えて「もし自分が100日目に死ぬ」ってなったらどうしよう。まるでジョブズのように、毎朝、今日死ぬ自分をイメージして悔いなき日々を過ごす、みたいなことになっていたのかも知れない。でもワニだって自分が100日目に死ぬなんて気づいてすら居ない。だからいたたまれない。本当に死ぬのかなぁ。死んでほしくないなぁ。でもやぱり人間誰しも死ぬわけだし、このワニも死ぬんだろうな。どんな死に方になるのかなぁ。ロランのバルトが言うように人のセックスと話の次を知りたがるまさにセオリー通りの物語の有り様だけど。

 

ワニも映画となって作品世界でいきるのかな。ブームの作り方、ネットマーケットの仕掛けなど議論を呼んでいるわけだけど。仕掛けの種明かしってやらんほうがいいのかもしれないが。自作自演の狂言誘拐みたいでなんかね。

 

f:id:coolmactatuki:20200321135730j:plain

 

 

追憶のシュークリーム。

f:id:coolmactatuki:20190317135918j:plain

あぁこのシュークリームが食べたい。でもこんなおいしいシュークリームを作っていたお店がなくなった。いろいろなケーキをお店の奥のある工房で作っていた。昨年12月に閉店した。

 

黄昏の追憶めいた甘い生活を回顧したいとき、美味しい食べ物の記憶は鮮烈だ。甘い甘いケーキやシュークリームを懐かしむ。

 

f:id:coolmactatuki:20190317135851j:plain

 

国歌「君が代」から「Con te partirò」「Time To Say Goodbye」を巡る。

f:id:coolmactatuki:20190323214539j:plain

出歩くのも控えることしばしば。ネット三昧なのかな。最近の週末事情。

 

今年の春の選抜高校野球は大相撲と同じ無観客試合だ。毎日新聞主催の声楽コンクールで第一位の高校生が「君が代国歌独唱を晴れの甲子園で行う。

 

恥ずかしながら国歌「君が代」を歌えなかった。無知だったからか。関心がなかったからか。小中高と学校で歌わなかったからか!

でもネットで春の選抜高校野球の女子高生の歌声を聴いてから、歌詞を覚えた。

 

www.youtube.com

それから手当たり次第に彼女達の「君が代」を聴いた。

 

そして彼女の独唱に出会った。野々村彩乃さんだ。

あまりにも神々し過ぎる。

 

www.youtube.com

 

彼女は今ではプロのソプラノ歌手となって活躍している。

 

www.youtube.com

そしてまたしても出会いが会った。この曲である。

www.youtube.com

 

すかさず、原曲オリジナルを探した。感動の嵐だ。最高の楽曲だ。歌手も最高だ。

 

原曲はイタリア人テノール歌手が歌った。そこへ英国人オペラ歌手の彼女が

一緒に歌いたいとデュエットをオファーした。

イタリア語「Con te partirò」(君と一緒に旅立とう)が英語「Time To Say Goodbye」という曲名になった。

 

音楽は巡りめぐる!

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

都心低空飛行が始まる。

f:id:coolmactatuki:20200208124204j:plain

2020.2.2日曜の午後、新しい飛行経路のテスト飛行が始まった。機体が期待以上の物体に見えた。もちろん騒音は爆音に近い。深い不快。迷惑な気分。そして不安感。

 

観光立国、外国人に蕩尽してもらって内需拡大を図るらしいが。そもそも羽田があるのに成田ができた理由を遡れば。都心低空飛行..の疑義は深まる。

 

せっかくのタワーマンションもマジかに迷惑だろう。地上を歩いていてもかなりの騒音だ。天に連なる摩天楼さながら..怖くて五月蝿い飛行物体が北風南風の風の吹き具合で経路も可変らしいが、一時間に何百の飛来はしかたないではすまない。

 

f:id:coolmactatuki:20200208124818j:plain

 

メルシー@早稲田でラーメンを食べる。

f:id:coolmactatuki:20200124203338j:plain

久方ぶりに、このラーメンを食べる。ラーメン400円が450円に、大盛りが90円から100円。消費税アップに合わせて上がったのだろうね。全く味は変わらない。時代の趨勢に抗い続けてずっと反骨の在野精神でも培っていたのかな。そんな学生街にあるのだから、今は裕福な学生たちが多いのかも知れない。立憲主義を掲げた建学精神も今は何処か知らないけれど。

f:id:coolmactatuki:20200124203812j:plain

中毒性というか追憶の妙味というか。

そろそろ、受験シーズンだ。回顧回想..。

f:id:coolmactatuki:20200124203939j:plain